童话论坛(童话网BBS)  
点击这里返回童话网首页

返回   童话论坛(童话网BBS) > 儿童文学翻译练笔

儿童文学翻译练笔 这里可以练习把外文译成中文,或把中文译成外文,让喜爱外文的朋友们有用武之地。注意的是:一、希望是能有原文和外文的对照;二、只能是儿童文学,谢绝成人文学;三、为了避免侵犯版权,只能摘取原文中的片段进行翻译;四、请注明原文的出处(哪本书)。

回复
 
主题工具 显示模式
  #1  
旧 2007-09-18, 21:21
杜子春 杜子春 当前离线
初级会员
 
注册日期: 2007-08-14
帖子: 11
声望力: 0
杜子春
默认 白鸟

白鸟

楠山正雄



从前,在近江国①里叫余吴湖的湖附近有一个荒凉的村庄。有一个名叫伊香刀美的猎人就住在那座村庄里。
春天的一个晴朗的早晨,伊香刀美和往常一样准备好去打猎后,就往湖的方向走下去。在途中,当他走到山顶时,晴朗如洗的天空忽然阴得沉,四周也变得朦胧起来。“噢,云出来了吗?”伊香刀美举头一看,像是一朵白云似的物体出现在他头上的天空,而它逐渐扩大,不久后看似要落在头上呢。
伊香刀美觉得不可思议:
“那是什么?不像是云啊。”
他一面自言自语,一面凝视着那白色的物体,突然间,那白色的物体倏地越过他的头上,随后飞得愈来愈低,一直朝着余吴湖的方向飞下去了。不久,他清楚地看见了那白色的物体,沐浴着在湖上闪耀起来的春天阳光,轻轻飘地落下去的样子。那白色的物体原来是八隻如雪一般洁白的白鸟呢。她们一齐鼓动着翅膀,悄悄地飞落下去。伊香刀美吓了一大跳。
“哇,很美的白鸟呀。”
他一面说着,一面拼命地跑下崎岖的坡道,一直追着白鸟。追着追着,往湖的方向追下去。他终于来到了湖滨,但已经看不见白鸟们的踪影。伊香刀美感到有些泄气,便环视一周。这时,不知打从哪儿来了八个少女,在如熔化水晶一般清澈见底的湖上,很高兴地玩耍呢。
少女们露出天不怕地不怕,无辜的样子,将细腻的皮肤泡在水里。“啊!”伊香刀美不由得叫了一声,就站在那里张着嘴呆看。不一会,一股香味儿不知从哪里嗖嗖地飘到鼻子尖儿。随后在耳边传来吹过松树的风声的同时,也隐隐约约地听到绸子互相摩擦的簌簌声。
伊香刀美被那些声音一吓,就清醒了过来。他不知不觉地回身一看,从未见过的艳丽而洁白的衣服,挂在他后面的松树的树枝上。他惊奇地走过去,就发现那些美丽的衣服总共有八件。原来,被微风吹着而发出声音,并且飘着香味儿的,是那些如鸟所张开翅膀,也像是将下摆拉得长长似的衣服呢。
伊香刀美想要把它占为己有。
“那可是珍贵的物品啊。那些衣服一定是刚才的鸟儿们脱下来的。这么看来,那八个少女们就是天女,而那些衣服就是传说中的天羽衣呀。”
他一面自言自语,一面悄悄地把一件羽衣拿下来。他想把它带回家作为宝物呢。不过,他也想看看正在水里玩耍的少女们,一旦发现少了一件衣服就会怎么办。于是他怀里抱着羽衣,藏在树木后面看着。
八个少女们在水里悠然自得地玩耍,忽而像是鱼儿一样游着,忽而像是小鸟一样舞蹈着,似乎非常愉快呢。她们尽情地玩儿了一段时间后,一个又一个地从水里出来了。她们来到松树下面时,各自把羽衣拿下来穿上,随后一个一个地霍地一下张开羽衣,就飞向天空。
七个少女们就这样纷纷都变成白鸟而飞上天空。但,最后一个从水里出来的少女却没看到自己的羽衣。只有松树的树梢儿沙沙作响。
“哎呀,我的羽衣呢?”
少女一面说着,一面慌慌张张地开始找羽衣。那时候,同伴儿的少女们,七个都已经飞上天空,眼看着飞得愈来愈远。
“啊,怎么办呢?没有了羽衣,就无法回去天上。”
少女忽然以阴沉的目光,像是有怨气似地仰望着天空。在万里无云的晴空上,影影绰绰地看见了的同伴儿们白色的影子,不知不觉地已经飞得很远很远了。在中间,只见春日的雾霭重重缭绕着。
“已经无法回去天上,也无法待在这里,正不知怎么好……。”
失去羽衣的少女顿足捶胸地悲叹着。在树后面一直看着这情景的伊香刀美,不禁为她感到一阵可怜,于是恬不知耻地出来说:
“你的羽衣就在这里啊。”
冷不防地被他这么一说,少女吓了一跳。随后她发现那是人类,再度吃惊,就连忙要逃跑,但看见伊香刀美在腋下夹着的羽衣后,就像重新活过来似地露了笑容。
“啊,谢谢您把它还给我,我真高兴。”
少女一面说着,一面伸出手要收下羽衣。但,伊香刀美把抱着羽衣的手藏在背后说:
“实在抱歉,我不能把这个还给你。这已经是我的宝贝儿啊。”
其实,伊香刀美为她感到可怜而本来想着归还羽衣,不过因为对这位漂亮的少女忽然产生爱慕之心,于是他舍不得就这样离别。
“不要这样说,好吗?没有了它,我就不能回天上。请您还给我吧。”
少女说着,泪水夺眶而出。
“可是我不想让你回去天上,不如你来我家,一起快快乐乐地过日子吧。”
伊香刀美把话说完,就拿着羽衣迈着碎步儿走去。面带愁容的少女也无奈地跟着他走。
少女被羽衣吸引着,一直走到伊香刀美的家,然后与他和他的母亲开始同居。不过少女总想着回去天上,于是若有机会,就要把羽衣讨回来逃跑。伊香刀美也深知少女的心思,于是把羽衣藏起来不让她找到。少女每天望着天空,偷偷悲伤地叹气。

①旧国名。今滋贺县。



转眼之间,过了三年。
有一天,伊香刀美和往常一样一大早就去打猎了。少女和伊香刀美的母亲随意的聊着天。聊着聊着,母亲忽然说:
“你来我们家,已经过了三年了。时光过得真快啊。”
少女叹了一口气说:
“真的是这样。”
“你仍然想着回去天上吗?”
“是的……,其实一开始我真的很想回天上,不过现在已经适应人类的生活,所以喜欢上这个世界了。”
少女接着不形于色地说:
“对了,母亲,那个时候的羽衣现在收在哪儿呢?一直託给伊香刀美先生保管,但又担心时间一久了羽衣也会开始破旧。母亲,请您给我看看,好吗?拜託您。”
母亲已被伊香刀美吩咐过:“不管有什么事,千万不可以把羽衣给少女看哦。”于是母亲摇摇头说:
“那可不行。”
“为什么呢?”
少女一面把像是孩子似的眼睛滴熘熘地乱转,一面装得很好奇地问。
“因为啊,要是我把羽衣给你看,你就穿上它回天上去吧。”
“哎,刚才不是与您说,我已经喜欢上这个世界吗?母亲,拜託您,给我看一眼就行。”
少女一直用撒娇的口吻拜託着母亲。母亲看着她那可爱的样子,就觉得应该可以相信她的话。
“好了好了,我给你看吧。但千万不要告诉伊香刀美哦。”
母亲边说边把藏在衣柜里的箱子拿出来。少女心里怦怦地跳个不停。母亲打开箱子时,香味儿扑鼻而来。少女不禁向前探身看看里面。羽衣叠得很整齐,全是原来的样子。
“哇,没什么变呀。”
少女目光炯炯地看着它,随后说:
“不过,不知裡边有没有破旧?”
少女边说边把箱子里的羽衣拿在手上看看。说时迟那时快。一眨眼的工夫,少女极快地穿上那件羽衣,便倏地飞上天空了。母亲根本来不及阻止。
“哎呀呀——,哎呀呀——。”
母亲慌着张开双手要抓住少女,但那时,少女的影子已经飞到很高很高的地方,不久后,不见踪影了。
后来回家的伊香刀美有多么地伤心啊!就像三年前在湖滨少女做的一样,他也顿足捶胸地悲叹着。那时候,那隻可爱的白鸟的影子早已消失在无边天际的穹苍。春天的黄昏越发深了,而在天地之间,暮霭重重缭绕着……。






白い鳥
楠山正雄

     一

 むかし近江国(おうみのくに)の余呉湖(よごのうみ)という湖水(こすい)に近(ちか)い寂(さび)しい村(むら)に、伊香刀美(いかとみ)というりょうしが住(す)んでおりました。
 ある晴(は)れた春(はる)の朝(あさ)でした。伊香刀美(いかとみ)はいつものようにりょうの支度(したく)をして、湖水(こすい)の方(ほう)へ下(お)りて行こうとしました。その途中(とちゅう)、山の上にさしかかりますと、今(いま)までからりと晴(は)れ上(あ)がって明(あか)るかった青空(あおぞら)が、ふと曇(くも)って、そこらが薄(うす)ぼんやりしてきました。「おや、雲(くも)が出たのか。」と思(おも)って、あおむいて見(み)ますと、ちょうど伊香刀美(いかとみ)の頭(あたま)の上の空(そら)に、白い雲(くも)のようなものがぽっつり見(み)えて、それがだんだんとひろがって、大きくなって、今(いま)にも頭(あたま)の上に落(お)ちかかるほどになりました。
 伊香刀美(いかとみ)はふしぎに思(おも)って、
「何(なん)だろう、雲(くも)にしてはおかしいなあ。」
 と独(ひと)り言(ごと)をいいながら、じっと白いものを見(み)つめていますと、それは伊香刀美(いかとみ)の頭(あたま)の上をすうっと流(なが)れるように通(とお)りすぎて、だんだん下へ下へと、余呉湖(よごのうみ)の方(ほう)へと下(くだ)って行きます。やがてきらきらと、湖(みずうみ)の上に輝(かがや)きだした春(はる)の日をあびて、ふわりふわり落(お)ちて行く白いものの姿(すがた)がはっきりと見(み)えました。それは八羽(わ)の白鳥(はくちょう)が雪(ゆき)のように白い翼(つばさ)をそろえて、静(しず)かに舞(ま)い下(お)りて行くのでありました。伊香刀美(いかとみ)はびっくりして、
「ほう、えらい白鳥(はくちょう)だ。」
 といいながら、我(われ)を忘(わす)れてけわしい坂道(さかみち)を夢中(むちゅう)で駆(か)け下(お)りて、白鳥(はくちょう)を追(お)い追(お)い湖(みずうみ)の方(ほう)へ下(お)りて行きました。やっと湖(みずうみ)のそばまで来(き)ましたが、もう白鳥(はくちょう)はどこへ行ったか姿(すがた)は見(み)えませんでした。伊香刀美(いかとみ)はすこし拍子(ひょうし)抜(ぬ)けがして、そこらをぼんやり見回(みまわ)しました。すると水晶(すいしょう)を溶(と)かしたように澄(す)みきった湖水(こすい)の上に、いつどこから来(き)たか、八人(にん)の少女(おとめ)がさも楽(たの)しそうに泳(およ)いで遊(あそ)んでいました。
 少女(おとめ)たちは世(よ)の中に何(なん)にもこわいことのないような、罪(つみ)のない様子(ようす)で、きれいな肌(はだ)を水(みず)の中にひたしていました。伊香刀美(いかとみ)は「あッ。」といったなり、見(み)とれてそこに立(た)っていました。するとどこからともなくいい香(かお)りが、すうすうと鼻(はな)の先(さき)へ流(なが)れてきました。そして静(しず)かな松風(まつかぜ)の音(おと)にまじって、さらさらと薄(うす)い絹(きぬ)のすれ合(あ)うような音(おと)が、耳(みみ)のはたで聞(き)こえました。
 気(き)が付(つ)いて伊香刀美(いかとみ)が振(ふ)り返(かえ)ってみますと、すぐうしろの松(まつ)の木の枝(えだ)に、ついぞ見(み)たこともないような、美(うつく)しい真(ま)っ白(しろ)な着物(きもの)が掛(か)けてありました。伊香刀美(いかとみ)はふしぎに思(おも)って、そばへ寄(よ)ってみますと、美(うつく)しい着物(きもの)はみんなで八枚(まい)あって、それは鳥(とり)の翼(つばさ)をひろげたようでもあり、長(なが)い着物(きもの)のすそをひいたようでもありました。それがかすかな風(かぜ)に吹(ふ)かれては、音(おと)を立(た)てたり、香(かお)りを送(おく)ったりしているのです。
 伊香刀美(いかとみ)はその着物(きもの)がほしくなりました。
「これはめずらしいものだ。きっとさっきの白い鳥(とり)たちがぬいで行ったものに違(ちが)いない。するとあの八人(にん)の少女(おとめ)たちは天女(てんにょ)で、これこそ昔(むかし)からいう天(あま)の羽衣(はごろも)というものに違(ちが)いない。」
 こう独(ひと)り言(ごと)をつぶやきながら、そっと羽衣(はごろも)を一枚(まい)取(と)り下(お)ろして、うちへ持(も)って帰(かえ)って、宝(たから)にしようと思(おも)いました。でも水(みず)の中に居(い)る少女(おとめ)たちがどうするか、様子(ようす)を見届(みとど)けて行きたいと思(おも)って、羽衣(はごろも)をそっとかかえたまま、木の陰(かげ)にかくれて見(み)ていました。
 八人(にん)の少女(おとめ)たちはややしばらく水(みず)の中で、のびのびとさも気持(きも)ちよさそうに、おさかなのように泳(およ)ぐ形(かたち)をしたり、小鳥(ことり)のように舞(ま)う形(かたち)をしたりして、余念(よねん)なく遊(あそ)び戯(たわむ)れていましたが、やがて一人(ひとり)上(あ)がり、二人(ふたり)上(あ)がり、松(まつ)の木の下まで来(く)ると、てんでんに羽衣(はごろも)を取(と)り下(お)ろしては、体(からだ)にまといました。そして一人(ひとり)一人(ひとり)、ぱあっと羽衣(はごろも)をひろげては、舞(ま)い上(あ)がっていきました。
 とうとう七人(にん)まで、少女(おとめ)たちはみんな白鳥(はくちょう)になって空(そら)の上に舞(ま)い上(あ)がりましたが、いちばんおしまいに上(あ)がって来(き)た八人(にん)めの少女(おとめ)が、見(み)ると自分(じぶん)の羽衣(はごろも)は影(かげ)も形(かたち)も見(み)えません。松風(まつかぜ)ばかりがさびしそうな音(おと)を立(た)てていました。少女(おとめ)はその時(とき)、
「まあ、わたしの羽衣(はごろも)が。」
 といったなり、あわててそこらを探(さが)しはじめました。もうその時(とき)には、仲間(なかま)の少女(おとめ)たちは、七人(にん)とも空(そら)の上に舞(ま)い上(あ)がって、見(み)る間(ま)に、ずんずん、ずんずん、遠(とお)くなっていきました。
「まあ、どうしましょう。羽衣(はごろも)がなくなっては、天(てん)へは帰(かえ)られない。」
 と少女(おとめ)はくらい目をして、うらめしそうに空(そら)を見上(みあ)げました。青々(あおあお)と晴(は)れた大空(おおぞら)の上に、ぽつん、ぽつんと、白い点々(てんてん)のように見(み)えていた、仲間(なかま)の少女(おとめ)たちの姿(すがた)も、いつの間(ま)にか、その点々(てんてん)すら見(み)えないほどの遠(とお)くにへだたって、間(あいだ)には春(はる)の霞(かすみ)が、いくえにもいくえにも立(た)ち込(こ)めていました。
「天(てん)にも帰(かえ)られない。地(ち)にも住(す)めない。わたしはどうしたらいいのだろう。」
 と、羽衣(はごろも)をなくした少女(おとめ)は、足(あし)ずりをして嘆(なげ)いていました。さっきからその様子(ようす)を陰(かげ)でながめていた伊香刀美(いかとみ)は、さすがに気(き)の毒(どく)になって、のこのこはい出(だ)して来(き)て、
「あなたの羽衣(はごろも)はここにありますよ。」
 といいました。
 だしぬけに声(こえ)をかけられて、少女(おとめ)はびっくりしました。それから人間(にんげん)の姿(すがた)を見(み)ると、二度(ど)びっくりして、あわてて駆(か)け出(だ)そうとしました。しかしふと伊香刀美(いかとみ)の小(こ)わきにかかえている羽衣(はごろも)を見(み)ると、急(きゅう)に生(い)き返(かえ)ったような笑顔(えがお)になって、
「まあ、うれしい。よく返(かえ)して下(くだ)さいました。ありがとうございます。」
 といいながら、手を出(だ)して羽衣(はごろも)をうけ取(と)ろうとしました。けれど伊香刀美(いかとみ)はふと羽衣(はごろも)をかかえていた手を、うしろに引(ひ)っ込(こ)めてしまいました。
「お気(き)の毒(どく)ですが、これは返(かえ)すわけにはいきません。これはわたしの大事(だいじ)な宝(たから)です。」
 といいました。
 いったん気(き)の毒(どく)になって、羽衣(はごろも)を返(かえ)そうと思(おも)った伊香刀美(いかとみ)は、急(きゅう)にまたこのきれいな少女(おとめ)が好(す)きになって、このまま別(わか)れてしまうのが惜(お)しくなったのでした。
「まあ、そんなことをおっしゃらずに、返(かえ)して下(くだ)さいまし。それが無(な)いと、わたしは天(てん)へ帰(かえ)ることができません。」
 と少女(おとめ)はいって、はらはらと涙(なみだ)をながしました。
「でもわたしはあなたを天(てん)へ帰(かえ)したくないのです。それよりもわたしの所(ところ)へおいでなさい。いっしょに楽(たの)しく暮(く)らしましょう。」
 と伊香刀美(いかとみ)はいいました。そしてずんずん羽衣(はごろも)をかかえたまま向(む)こうへ歩(ある)いていきました。少女(おとめ)はしかたがないので、悲(かな)しそうな顔(かお)をして、後(あと)からついていきました。
 少女(おとめ)は羽衣(はごろも)にひかれて、とうとう伊香刀美(いかとみ)のうちまで行きました。そして伊香刀美(いかとみ)といっしょに、そのおかあさんのそばで暮(く)らすことになりました。でも始終(しじゅう)どうかして天(てん)に帰(かえ)りたいと思(おも)って、折(おり)があったら羽衣(はごろも)を取(と)り返(かえ)して、逃(に)げよう逃(に)げようとしました。伊香刀美(いかとみ)も少女(おとめ)の心(こころ)を知(し)っているので、羽衣(はごろも)をどこかへしまったまま、少女(おとめ)の目にはふれさせませんでした。少女(おとめ)は毎日(まいにち)のように空(そら)をながめては、人しれず悲(かな)しそうなため息(いき)をついていました。

     二

 そうこうするうちに三年(ねん)たちました。
 ある日伊香刀美(いかとみ)は、いつものように朝(あさ)早(はや)くりょうに出かけました。少女(おとめ)は伊香刀美(いかとみ)のおかあさんといろいろ話(はなし)をしているついでに、ふとおかあさんが、
「まあ、お前(まえ)がここへ来(き)なすってからもう三年(ねん)になるよ。月日(つきひ)のたつのは早(はや)いものだね。」
 といいました。少女(おとめ)はそっとため息(いき)をつきながら、
「ほんとうに早(はよ)うございますこと。」
 といいました。
「お前(まえ)、今(いま)でも天(てん)へ帰(かえ)りたいだろうね。」
「ええ、それははじめのうちはずいぶん帰(かえ)りとうございましたが、今(いま)では人間(にんげん)の暮(く)らしに慣(な)れて、この世界(せかい)が好(す)きになりました。」
 と答(こた)えながら、何気(なにげ)なく、
「そういえば、おかあさん、あの時(とき)の羽衣(はごろも)はどうなったでしょうね。あれなり伊香刀美(いかとみ)さんにおあずけしたままになっておりますが、長(なが)い間(あいだ)にいたみはしないかと、気(き)にかかります。おかあさん、あの、ちょいとでよろしゅうございますから、見(み)せて下(くだ)さいませんか。お願(ねが)いです。」
 といいました。
 おかあさんは伊香刀美(いかとみ)から、どんなことがあっても少女(おとめ)に羽衣(はごろも)を見(み)せてはならないと、かたくいいつけられていましたから、強(つよ)く首(くび)を振(ふる)って、
「それはいけませんよ。」
 といいました。
「なぜ、いけないのでしょう。」
 と少女(おとめ)は子供(こども)らしい目をくりくりとさせて、さもふしぎそうにたずねました。
「だって羽衣(はごろも)を見(み)せると、それを着(き)て、また天(てん)へ帰(かえ)ってしまうでしょう。」
「まあ、わたくし、人間(にんげん)の世界(せかい)がすっかり好(す)きになったと申(もう)し上(あ)げたではございませんか。おかあさん、お願(ねが)いです、ほんの一目(ひとめ)見(み)ればいいのですから。」
 と、少女(おとめ)はしきりとおかあさんに甘(あま)えるように頼(たの)んでいました。そのかわいらしい様子(ようす)を見(み)ていると、おかあさんは、何(なん)でもそのいうとおりにしてやらなければならないような気(き)がしてきました。
「ではほんのちょいとですよ、伊香刀美(いかとみ)にはないしょでね。」
 とおかあさんはいいながら、戸棚(とだな)の奥(おく)にしまってある箱(はこ)を出(だ)しました。少女(おとめ)は胸(むね)をどきつかせながらのぞき込(こ)みますと、おかあさんはそっと箱(はこ)のふたをあけました。中からはぷんといい香(かお)りがたって、羽衣(はごろも)はそっくり元(もと)のままで、きれいにたたんで入(い)れてありました。
「まあ、そっくりしておりますのね。」
 と少女(おとめ)は目を輝(かがや)かしながら見(み)ていましたが、
「でも、もしどこかいたんでいやしないかしら。」
 というなり、箱(はこ)の中の羽衣(はごろも)を手に取(と)りました。そしておかあさんが「おや。」と止(と)めるひまもないうちに、手ばやく羽衣(はごろも)を着(き)ると、そのまますうっと上へ舞(ま)い上(あ)がりました。
「ああ、あれあれ。」
 と、おかあさんは両手(りょうて)をひろげてつかまえようとしました。その間(ま)に少女(おとめ)の姿(すがた)は、もう高(たか)く高(たか)く空(そら)の上へ上(あ)がっていって、やがて見(み)えなくなりました。
 帰(かえ)って来(き)て伊香刀美(いかとみ)はどんなにがっかりしたでしょう。三年前(ねんまえ)に湖(みずうみ)のそばで少女(おとめ)がしたように、足(あし)ずりをしてくやしがりましたが、かわいらしい白い鳥(とり)の姿(すがた)は、果(は)てしれない大空(おおぞら)のどこかにかくれてしまって、天(てん)と地(ち)の間(あいだ)には、いくえにもいくえにも、深(ふか)い霞(かすみ)が立(た)ち込(こ)めたまま春(はる)の日(ひ)は暮(く)れていきました。
回复时引用此帖
  #2  
旧 2007-09-20, 08:31
鹤矾 的头像
鹤矾 鹤矾 当前离线
超级版主
 
注册日期: 2007-02-24
帖子: 1,550
声望力: 176
鹤矾 很有声望的人
微笑

我们中国好像也有类似的民间传说。
回复时引用此帖
回复

书签


当前查看此主题的会员: 1 (0 位会员和 1 位游客)
 
主题工具
显示模式

发帖规则
不可以发表新主题
不可以发表回复
不可以上传附件
不可以编辑自己的帖子

启用 BB 代码
论坛启用 表情符号
论坛启用 [IMG] 代码
论坛禁用 HTML 代码

论坛跳转


所有时间均为北京时间。现在的时间是 07:38


Powered by vBulletin® 版本 3.8.3
版权所有 ©2000 - 2018,Jelsoft Enterprises Ltd.
童话网版权所有