童话论坛(童话网BBS)  
点击这里返回童话网首页

返回   童话论坛(童话网BBS) > 儿童文学翻译练笔

儿童文学翻译练笔 这里可以练习把外文译成中文,或把中文译成外文,让喜爱外文的朋友们有用武之地。注意的是:一、希望是能有原文和外文的对照;二、只能是儿童文学,谢绝成人文学;三、为了避免侵犯版权,只能摘取原文中的片段进行翻译;四、请注明原文的出处(哪本书)。

回复
 
主题工具 显示模式
  #1  
旧 2007-08-21, 09:22
杜子春 杜子春 当前离线
初级会员
 
注册日期: 2007-08-14
帖子: 11
声望力: 0
杜子春
默认 红蜻蜓

红蜻蜓

  新美南吉

红蜻蜓在空中打了三个圈儿后,落在老休息的一道竹篱笆上。
山村的晌午很安静。
而且,初夏的山村完全隐没在绿树丛中。
红蜻蜓迅速地回转眼珠。
牵牛花缠在红蜻蜓休息的竹子上。红蜻蜓想:“去年夏天,这幢别墅的主人栽的牵牛花结了果,后来又长出来了吧。”
现在没有人住在这幢房子里,于是,木板套窗冷冷清清地关着。
红蜻蜓忽然离开了竹子尖儿,飞上天空。
三四个人走了过来。
红蜻蜓又落在方才休息的竹子上,目不转睛地看着靠过来的人们。
第一个跑过来的是戴着绑了红色蝴蝶结帽子的可爱小姑娘,接着而来的是小姑娘的母亲和拿着很多行李的书生。
红蜻蜓忽然想停在可爱小姑娘的红色蝴蝶结上。
他歪着头想:“可是,如果小姑娘生气,可就惨了。”
虽然他这样想着,但是当小姑娘来到他面前时,还是忍不住飞到了小姑娘的红色蝴蝶结上。
书生大声叫:“啊!小姐,红蜻蜓落在你帽子上了!”
红蜻蜓担心着迟早会被小姑娘给抓到,于是准备好随时飞走。
但是小姑娘不但没有要抓红蜻蜓,还说:
“哇!在我的帽子上!真高兴!”然后,高兴得跳起来。
燕子嗖地飞了过去。
可爱的小姑娘住进空着的那幢房子里,当然,母亲和书生也一起住进。
红蜻蜓今天也在空中打旋。
夕阳把他的翅膀发染得更红。
“蜻蜓蜻蜓
红蜻蜓
芒草里
危险哦。”
从远方传来了这么一首歌,声音是多么地天真无邪呀!红蜻蜓觉得唱歌的一定是那个小姑娘,于是飞向声音传来的方向。
唱歌儿的果然是那个小姑娘。
小姑娘一个人在院子里边冲澡边唱歌儿呢!
当红蜻蜓飞到她头上时,她正拿着金鱼玩具,并喊叫了一声:“我的红蜻蜓!”然后把双手高高地举起来。
红蜻蜓愉快极了。
此时书生带着肥皂走了过来。
“小姐,我来帮你搓背吧。”
“不要——”
“不过——”
“不要!不要!除非是我妈妈——”
“你真让我为难啊。”
书生边搔头边走开,正好看到了落在牵牛花上,倾听着两个人对话的红蜻蜓,就用右手指头画了一个大圆圈。
“干吗呀?”红蜻蜓边想边看着那隻手指头。
书生持续用右手画了好几个圆圈,然后他挨近红蜻蜓的同时,所画的圆圈也越来越小了。
红蜻蜓盯着看的大眼珠也随着书生的手指头转来转去
圆圈越来越小,越来越近,也越来越快。
红蜻蜓感到头晕了。
霎时间,红蜻蜓被书生的大手指头抓住。
“小姐,我抓到了红蜻蜓,你要不要?”
“笨蛋!你竟然抓了我的红蜻蜓——笨蛋山田!”
小姑娘噘着嘴,给书生泼热水。
书生就放了红蜻蜓,一熘烟儿似地逃跑。
红蜻蜓放了心,飞上天空,想着:“真是个好姑娘——”
蔚蓝的天空。万里无云的晴空。
红蜻蜓休息在窗边,和小姑娘一样,倾听着书生讲的故事。
“后来,那隻蜻蜓怒火上升,向大蜘蛛冲了过去。被咬住了的大蜘蛛大声叫:‘疼啊!疼啊!快来救我!’此时,来啦来啦,小蜘蛛从四面八方云涌而来,但是蜻蜓的力量本来就很大,于是左一个右一个地咬住蜘蛛,最后,蜻蜓一隻不剩地把他们杀光了。放了心的蜻蜓,此时看看自己的身子——这可是怎么一回事儿呢?全身居然都沾上蜘蛛鲜红色的血!这可不得了啦。蜻蜓就急忙飞去池塘,冲洗身体,但是红色的血洗都洗不掉。于是他拜託上帝想个法子,不过却被上帝这么说了‘你杀死了不少无辜的蜘蛛,现在你得到了应得的报应。而那隻蜻蜓就是现在的红蜻蜓,所以啊,红蜻蜓不是什么好蜻蜓。”
书生的故事就此结束了。
“我从未做过那样残忍的事。”红蜻蜓左思右想时,小姑娘突然喊着:
“骗人!骗人!你的故事都是骗人的。那么可爱的红蜻蜓怎么会做出那样残忍的事呢?红色的蜘蛛血——那都是骗人的!”
红蜻蜓打心眼里高兴。
书生红着脸走了。
红蜻蜓离开了窗边,落在小姑娘的肩上。
“哇!我的红蜻蜓!可爱的红蜻蜓!”
小姑娘的眼睛黑得亮晶晶的。
炎热的夏天不知不觉地过去了。
缠在竹篱笆上的牵牛花枯萎了。
金琵琶以凉快的声音鸣起来了。
红蜻蜓今天也要去见小姑娘。
他有点吃惊,因为老开着的窗户竟然全都关起来。
怎么回事儿呢?红蜻蜓左思右想时,正好有人从大门跑了出来。是小姑娘,那可爱的小姑娘。
可是,今天的小姑娘显出难过的神情,而且戴着初到时所戴的绑了红色蝴蝶结的帽子,还穿着漂亮的衣服。
红蜻蜓和往常一样飞过去,落在小姑娘的肩上。
“我的红蜻蜓……可爱的红蜻蜓……我,我得回去东京,我们要说再见了。”
小姑娘的声音又小又弱,好像在哭泣。
红蜻蜓也觉得很难过,自己也想跟她一起去东京。
此时,小姑娘的母亲和对红蜻蜓搞恶作剧的书生也一起出来了。
“我们走吧。”
大家都走了。
红蜻蜓离开了小姑娘的肩上,落在竹篱笆上。
可爱的小姑娘几次恋恋不捨地回头看说:
“我的红蜻蜓,再见红蜻蜓——”
最后,看不见大家的背影了。
红蜻蜓轻轻地歪着头想:“从今天起,这幢房子又成为空房子了吗?”
寂寥的秋天的黄昏时,红蜻蜓落在芒穗上,想念着那个可爱的小姑娘。
































赤とんぼ(紅蜻蜓 日文原文)

 赤とんぼは、三回ほど空をまわって、いつも休む一本の垣根(かきね)の竹の上に、チョイととまりました。
 山里の昼は静かです。
 そして、初夏の山里は、真実(ほんとう)に緑につつまれています。
 赤とんぼは、クルリと眼玉(めだま)を転(てん)じました。
 赤とんぼの休んでいる竹には、朝顔(あさがお)のつるがまきついています。昨年(さくねん)の夏、この別荘(べっそう)の主人が植(う)えていった朝顔の結んだ実が、また生(は)えたんだろう――と赤とんぼは思いました。
 今はこの家には誰(だれ)もいないので、雨戸が淋(さび)しくしまっています。
 赤とんぼは、ツイと竹の先からからだを離(はな)して、高い空に舞(ま)い上がりました。

 三四人の人が、こっちへやって来ます。
 赤とんぼは、さっきの竹にまたとまって、じっと近づいて来る人々を見ていました。
 一番最初にかけて来たのは、赤いリボンの帽子(ぼうし)をかぶったかあいいおじょうちゃんでした。それから、おじょうちゃんのお母さん、荷物(にもつ)をドッサリ持った書生(しょせい)さん――と、こう三人です。
 赤とんぼは、かあいいおじょうちゃんの赤いリボンにとまってみたくなりました。
 でも、おじょうちゃんが怒(おこ)るとこわいな――と、赤とんぼは頭をかたげました。
 けど、とうとう、おじょうちゃんが前へ来たとき、赤とんぼは、おじょうちゃんの赤いリボンに飛びうつりました。
「あッ、おじょうさん、帽子(ぼうし)に赤とんぼがとまりましたよ。」と、書生さんがさけびました。
 赤とんぼは、今におじょうちゃんの手が、自分をつかまえに来やしないかと思って、すぐ飛ぶ用意をしました。
 しかし、おじょうちゃんは、赤とんぼをつかまえようともせず、
「まア、あたしの帽子(ぼうし)に! うれしいわ!」といって、うれしさに跳(と)び上がりました。
 つばくらが、風のようにかけて行きます。

 かあいいおじょうちゃんは、今まで空家(あきや)だったその家に住みこみました。もちろん、お母さんや書生(しょせい)さんもいっしょです。
 赤とんぼは、今日も空をまわっています。
 夕陽(ゆうひ)が、その羽(はね)をいっそう赤くしています。
「とんぼとんぼ
 赤とんぼ
 すすきの中は
 あぶないよ」
 あどけない声で、こんな歌をうたっているのが、聞こえて来ました。
 赤とんぼは、あのおじょうちゃんだろうと思って、そのまま、声のする方へ飛んで行きました。
 思った通り、うたってるのは、あのおじょうちゃんでした。
 おじょうちゃんは、庭で行水(ぎょうずい)をしながら、一人うたってたのです。
 赤とんぼが、頭の上へ来ると、おじょうちゃんは、持ってたおもちゃの金魚をにぎったまま、
「あたしの赤とんぼ!」とさけんで、両手を高くさし上げました。
 赤とんぼは、とても愉快(ゆかい)です。
 書生(しょせい)さんが、シャボンを持ってやって来ました。
「おじょうさん、背中(せなか)を洗(あら)いましょうか?」
「いや――」
「だって――」
「いや! いや! お母さんでなくっちゃ――」
「困(こま)ったおじょうさん。」
 書生(しょせい)さんは、頭をかきながら歩き出しましたが、朝顔の葉にとまって、ふたりの話をきいてる赤とんぼを見つけると、右手を大きくグルーッと一回まわしました。
 妙(みょう)な事をするな――と思って、赤とんぼはその指先を見ていました。
 つづけて、グルグルと書生さんは右手をまわします。そして、だんだん、その円を小さくして赤とんぼに近づいて来ます。
 赤とんぼは、大きな眼(め)をギョロギョロ動かして、書生さんの指先をみつめています。
 だんだん、円は小さく近く、そして早くまわって来ます。
 赤とんぼは、眼(め)まいをしてしまいました。
 つぎの瞬間(しゅんかん)、赤とんぼは、書生(しょせい)さんの大きな指にはさまれていました。
「おじょうさん、赤とんぼをつかまえましたよ。あげましょうか?」
「ばか! あたしの赤とんぼをつかまえたりなんかして――山田のばか!」
 おじょうちゃんは、口をとがらして、湯(ゆ)を書生さんにぶっかけました。
 書生さんは、赤とんぼをはなして逃(に)げて行きました。
 赤とんぼは、ホッとして空へ飛び上がりました。良いおじょうちゃんだな、と思いながら――

 空は真青(まっさお)に晴れています。どこまでも澄(す)んでいます。
 赤とんぼは、窓(まど)に羽(はね)を休めて、書生さんのお話に耳をかたむけています、かあいいおじょうちゃんと同じように。
「それからね、そのとんぼは、怒(おこ)って大蜘蛛(ぐも)のやつにくいかかりました。くいつかれた大蜘蛛(ぐも)は、痛(いた)い! 痛(いた)い! 助けてくれってね、大声にさけんだのですよ。すると、出て来たわ、出て来たわ、小さな蜘蛛(くも)が、雲のように出て来ました。けれども、とんぼは、もともと強いんですから、片端(かたはし)から蜘蛛(くも)にくいついて、とうとう一匹(ぴき)残(のこ)らず殺(ころ)してしまいました。ホッとしてそのとんぼが、自分の姿(すがた)を見ると、これはまあどうでしょう、蜘蛛(くも)の血が、まっかについてるじゃありませんか。さあ大変だって、とんぼは、泉へ飛んで行って、からだを洗(あら)いました。が、赤い血はちっともとれません。で、神様にお願(ねが)いしてみると、お前は、罪(つみ)の無い蜘蛛(くも)をたくさん殺(ころ)したから、そのたたりでそんなになったんだと、叱(しか)られてしまいました。そのとんぼが今の赤とんぼなんですよ。だから、赤とんぼは良くないとんぼです。」
 書生(しょせい)さんのお話は終わりました。
 私(わたし)は、そんな酷(むご)い事をしたおぼえはないがと、赤とんぼが、首をひねって考えましたとき、おじょうちゃんが大声でさけびました。
「嘘(うそ)だ嘘(うそ)だ! 山田のお話は、みんな嘘(うそ)だよ。あんなかあいらしい赤とんぼが、そんな酷(むご)い事をするなんて、蜘蛛(くも)の赤血だなんて――みんな嘘(うそ)だよ。」
 赤とんぼは、真実(ほんとう)にうれしく思いました。
 例の書生さんは、顔をあかくして行ってしまいました。
 窓(まど)から離(はな)れて、赤とんぼは、おじょうちゃんの肩(かた)につかまりました。
「まア! あたしの赤とんぼ! かあいい赤とんぼ!」
 おじょうちゃんの瞳(ひとみ)は、黒く澄(す)んでいました。
 暑(あつ)かった夏は、いつの間にかすぎさってしまいました。
 朝顔(あさがお)は、垣根(かきね)にまきついたまま、しおれました。
 鈴虫(すずむし)が、涼(すず)しい声でなくようになりました。
 今日も、赤とんぼは、おじょうちゃんに会いにやって来ました。
 赤とんぼは、ちょっとびっくりしました。それは、いつも開いている窓(まど)が、皆(みな)しまっているからです。
 どうしたのかしら? と、赤とんぼが考えたとき、玄関(げんかん)から誰(だれ)か跳(と)び出して来ました。
 おじょうちゃんです。あのかあいいおじょうちゃんです。
 けれども、今日のおじょうちゃんは、悲しい顔つきでした。そして、この別荘(べっそう)へはじめて来たときかぶってた、赤いリボンの帽子(ぼうし)を着け、きれいな服(ふく)を着ていました。
 赤とんぼはいつものように飛んで行って、おじょうちゃんの肩(かた)にとまりました。
「あたしの赤とんぼ……かあいい赤とんぼ……あたし、東京へ帰るのよ、もうお別れよ。」
 おじょうちゃんは、小さい細い声で泣(な)くように言いました。
 赤とんぼは悲しくなりました。自分もおじょうちゃんといっしょに東京へ行きたいなと思いました。
 そのとき、おじょうちゃんのお母さんと、赤とんぼにいたずらをした書生(しょせい)さんが、出てまいりました。
「ではまいりましょう。」
 皆(みな)、歩き出しました。
 赤とんぼは、やがておじょうちゃんの肩(かた)を離(はな)れて、垣根(かきね)の竹の先にうつりました。
「あたしの赤とんぼよ、さようなら――」
 かあいいおじょうちゃんは、なんべんもふりかえっていいました。
 けど、とうとう、皆(みな)の姿(すがた)は見えなくなってしまったのです。
 もう、これからは、この家は空家(あきや)になるのかな――赤とんぼは、しずかに首をかたむけました。

 淋(さび)しい秋の夕方など、赤とんぼは、尾花(おばな)の穂先(ほさき)にとまって、あのかあいいおじょうちゃんを思い出しています。
回复时引用此帖
  #2  
旧 2007-08-24, 10:04
赏味棋子 的头像
赏味棋子 赏味棋子 当前离线
初级会员
 
注册日期: 2007-03-04
帖子: 14
声望力: 0
赏味棋子
发送 ICQ 消息给 赏味棋子 发送 MSN 消息给 赏味棋子
默认

我最近也在学日语哦
__________________
浑人落魄江湖行,东西南北分不清
撞到墙角浑不觉,躺在地上数星星
回复时引用此帖
回复

书签


当前查看此主题的会员: 1 (0 位会员和 1 位游客)
 
主题工具
显示模式

发帖规则
不可以发表新主题
不可以发表回复
不可以上传附件
不可以编辑自己的帖子

启用 BB 代码
论坛启用 表情符号
论坛启用 [IMG] 代码
论坛禁用 HTML 代码

论坛跳转


所有时间均为北京时间。现在的时间是 23:27


Powered by vBulletin® 版本 3.8.3
版权所有 ©2000 - 2018,Jelsoft Enterprises Ltd.
童话网版权所有